Blog

Raspberry PiにOSをインストール

浦辺 亜空斗
浦辺 亜空斗 プログラマ

使ったもの

microSDカードをフォーマット

OSの再インストールの場合は、最初にmicroSDカードをフォーマットします。

PCにmicroSD USB 変換アダプタを使って接続します。

フォーマットには、SDメモリカードフォーマッターを使いました。

ボリュームラベルは何でもいいらしいので「RASPBERRYPI」にしました。

フォーマットボタンを押してパスワードを入力するとファーマットが開始します。

公式からダウンロード

公式からファイルをダウンロードします。

NOOBS

NOOBSにはOSをインストールするためのインストーラーが入っています。

公式にはNOOBSとNOOBS LITEの2つがあります。

NOOBS

Rasbianのみオフラインでインストールが可能でそのほかのOSはネットワークを経由してインストールを行います。

ファイルサイズが大きい(1.6GB)

NOOBS LITE

全てのOSをネットワークを経由してインストールします。

ファイルサイズが小さい(35MB)

今回はNOOBS LITEを使いました。

microSDカードにコピー

NOOBSのダウンロードが終わったらファイルを解凍します。解凍したフォルダの中身をmicroSDカードにコピーします。

※コピーするのはフォルダごとではなく中身のみ。

Raspberry Piを起動

ファイルのコピーが終わったらRaspberry PiにmicroSDカードを挿してHDMIケーブルと電源をケーブルを接続します。

ダイアログが表示されるのでネットワークの設定を行ってください。

OSをインストール

インストールするOSを選択して左上のinstall (i)を押します。

Raspbian [RECOMMENDED]は、デスクトップと推奨アプリケーションの全部入りなので1時間くらいかかりました。

余計なものはいらない場合はRaspbian Liteを選択しましょう。930MBくらいなので15分ほどで終わりました。