QOXホームへ

Android WearとiPhoneをペアリングしてみた

QOX

QOX

グーグルからAndroid Wear for iOSがリリースされたのでLG G WatchとiPhone6で試してみました。

LG Watch Urbanのみ対応とされていますので繋がるか微妙な所ですが試してみました。

まず、Android Wear を Andoroidとペアリングして1.3にアップデートしました。

そしてAndroid Wearのペアリングを初期化します。

いよいよペアリングを試みます。

iPhoneのほうでAndroid Wearのアプリを開きます。

android_wear_1

いやぁ、わくわくしますね!

-> のボタンを押して進みます。

android_wear_2

LG G Watchを認識したようです。G Watch A6DD と表記されています。

android_wear_3

コードを求められます。 Android Wearにコードが表示されているのでそれを入力します。

android_wear_4

ペアリングをしてるようです。。。。。。。

android_wear_5

成功したみたいです!!

android_wear_6

Updating…….

android_wear_7

チュートリアルの画面がでてきました。ここまできたらもういけそうな感じですね。

android_wear_8

おぉ、うまくいったみたいですね!!

やりました!!

android_wear_9

Googleのアカウントにサインインします。

android_wear_10android_wear_11android_wear_12

通知、位置情報、カレンダーのアクセスを許可します。

android_wear_13

Android Wearの設定の画面が表示されました。ペアリングの作業が完了したみたいです。

Android Wearはこんな感じです。

android_wear_14

準備万端みたいです!!

あとは通知がAndroid Wearの方に届けば完全に成功ですね。

誰かから連絡がこないか待ちます。。。。。

きました!!!!

android_wear_14

instagramからの通知です!!

初めて通知がくるとものすごく嬉しいですね!!

見事Android WearとiPhoneのペアリングに成功しました!!

そのほかにも Gmail、LINE、Facebook、Twitter、Hangouts、の通知も確認できました。

あとiosの標準の音楽再生アプリMuzicもAndroid Wearで操作ができました。

いやぁ~便利ですねぇ。

今回初めてウェアラブルをつけて生活をしてみたんですけど想像以上によかったです。自転車に乗ってる時とか最高に便利ですね。いちいちiPhoneを見る必要がないので。

あと、このLG G Watchをつけてるとカシオのデータバンクをつけてた時を思い出しますね。

あの頃データバンクの電卓ですらかなりワクワクして装着していたのですがこのAndroid Wearはそれ以上ですね。

そんなこんなでウェアラブルおすすめです!!

まだ、ウェアラブルをお持ちでなくて検討している方であれば是非おすすめですね。

今回のケースみたくAndroid Wear + iPhoneというのもできるので今後は選択肢の幅も広がりそうで楽しみですね。

ただ、Abdroid WearとiPhoneの場合はこちらにも掲載されたますが正式には

“iOS 向け Android Wear は iPhone 5、5c、5s、6、6 Plus と LG Watch Urbane に対応しています。”

ということなので今回、僕の場合はペアリングできましたがもしLG Watch Urbane以外で試される場合は自己責任でお願いします。

では、左手にAndroid Wearを装着して今日もウェアラブルライフを送ろうと思います!!

関連記事

Go up